すずき鍼灸整骨院スタッフブログ

2013年4月25日 木曜日

事故に遭遇してしまった場合の保険について

kこんにちわ。
鈴木鍼灸整骨院の院長奥村です。

自動車を購入した人は、必ず「保険」に加入しなければいけません。
法律(自動車損害賠償保障法)で義務化されています。
加入していないと、違反点数6点なので、一発「免許停止」になります。


その保険というのが、名前は聞いたことがあると思いますが、
「自賠責保険」です

この保険は、あくまでも「他人に対する補償(対人賠償)に限られています。
他人の「物」に対する補償はありません。
またさらに、ここでいう「他人」というのは、運転手と自動車の保有者・契約者以外をさします。

1事故1人1人に対して、死亡の場合、3000万円、傷害・慰謝料などが合わせて120万円までが補償額です。
それ以上の補償は、通常、任意保険が補償してくれます。
任意保険加入は、言葉の通り強制ではありません。
現状は、加入率8割です。

ただ、私の考えとしては必ず入るべきだと思います。
万が一、事故を起こしてしまって人を死なさせてしまった場合、実際「億」以上の損害賠償になるのは、必死です。
自賠責では、3000万円しか補償してくれません。残りは、事故負担となりとても払える金額ではないからです。
車は、上手に使えば便利な乗り物ですが、1つ誤ると、凶器です。
くれぐれも安全運転を!!!!!









投稿者 すずき鍼灸整骨院 | 記事URL

2013年4月24日 水曜日

こんにちは、守山ですhappy02
実は最近誕生日をむかえまして26歳になりました。時が経つのが早ければ年をとるのも早いですねcrying
アラサーももう目の前ですねgood

さてさて、前回のブログでもあったようにムチ打ち症状など事故にあったその日に症状が出ない事もたくさんありますbearing
翌日になってから、首筋、背中、肩の痛み、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気など様々な症状も出てきますsweat02
そんな辛い症状を長引かせないためにもすぐに医療機関に行きましょう。
受傷後時間が経ち過ぎると保険が効かない場合があるので少しでも異常を感じたら城東区のすずき鍼灸整骨院までご相談ください。


投稿者 すずき鍼灸整骨院 | 記事URL

2013年4月19日 金曜日

交通事故に遭われた方へ

こんにちは。
すずき鍼灸整骨院の鈴木です。

不運にも交通事故に遭遇してしまった時、その衝撃で首に大きな負担がかかり、むち打ち症となってしまう方が数多くいらっしゃいます。

事故の直後は違和感を感じない場合でも、数日後に突然痛みが発生するケースもあります。

これらは軟部組織の損傷が原因のため、整形外科の診断ではわからないことが多いため、整骨院での診療されることをお勧めします。

大阪市城東区・旭区・鶴見区で交通事故の症状にお悩みの方は、新森古市駅より徒歩2分のすずき鍼灸整骨院にお任せください。

投稿者 すずき鍼灸整骨院 | 記事URL

2013年4月 9日 火曜日

桜が散りましたね

こんにちは。すずき鍼灸整骨院の文元です!もうあっという間に桜が散ってしまいましたね。つい最近までは車を運転していてもあちこちで桜を見る事ができていたのに残念ですね・・・
でも!!わき見運転の事故が減って良いかもしれませんねcoldsweats01
今は警察が春の交通安全運動を実施ししています。あちらこちらの交差点で警察官を見かけます。安全運転を心がけて交通事故のない様に運転していればもちろん捕まることはないですよsun
くれぐれも警察官にお世話にならないように気を付けましょうねgood

投稿者 すずき鍼灸整骨院 | 記事URL

2013年4月 5日 金曜日

花粉症

おはようございます。

北川です。


身近に花粉症の人はいますか?
またはご自身が花粉症ですか?

嫌な症状のシーズンが来てしまいましたね!!


今回は副交感神経と花粉症の関係について調べました。

朝、症状がひどくなって苦しくて起きる・・・。
または、朝起きた時の症状がひどい!ということはありませんか?
これは原因のひとつとして、体の中で副交感神経が優位になっていることがあるそうです。

そもそも、花粉症症状は、副交感神経が優位(主に働いている、という意味)の時に起こり交感神経が優位の時には治まってるようです。

では、副交感神経・交感神経とは何か?
副交感神経は、体がリラックスしている時に働いている自律神経です。
交感神経は、体が活動している時やストレスがかかった時に働いている自律神経です。

夜になると花粉症症状がひどくなる、雨なのに花粉症状がひどくなる...
あれもこれも副交感神経と花粉症症状がセットになっているためなのです。

(夜になる...体が自動的に就寝に向けてだんだんリラックスしようとしてくる、つまり副交感神経優位に)
(雨...低気圧が脳を刺激すると副交感神経優位になる)


ということは、副交感神経は悪者なのか!?

というとそうでもありません。
NK細胞という、ウィルス感染からの防御と腫瘍細胞への攻撃をしてくれる細胞が活発に働いてくれるのは、副交感神経優位の時です。
また、消化器官などの内臓が動き出すのも副交感神経優位の時です。


副交感神経と交感神経のバランスが崩れてしまっていることが、花粉症症状の原因のひとつと言われているのです。

日頃、ダラダラとした生活・家の中などで刺激の少なすぎる生活をしていると、徐々に、副交感神経が働きすぎる体になります。
また、忙しすぎる生活・ストレスが多くかかる生活をしていると、交感神経をいつでも働かせている状態にあるために体が危機を感じ、逆の副交感神経を過剰に働かせるようになってしまいます。


副交感神経と交感神経は、シーソーのようなものです。
一方が重すぎても軽すぎても、バランスを崩します。


副交感神経と交感神経のバランスをとれるようにまずはちょっと意識を置くことから、あとはツボ押しなんかもよいのではと思います。


投稿者 すずき鍼灸整骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る〒536-0001
大阪府大阪市城東区古市3-14-5
最寄駅:今里筋線 新森古市駅
徒歩2分
駐車場:近隣コインパーキング

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ