ホーム > 交通事故の症状

交通事故の症状

首の痛み

首の痛み

むち打ち症の中で最も多くみられるのが首の痛みです。
これらの症状は、むち打ち症全体の7割以上を占めています。


車が後部から追突した場合などに首に痛みが発生するケースがよくあります。
首が必要以上に伸展・屈曲されることによって、関節や靱帯などが大きく損傷し、首や肩に痛みが感じられるようになります。
その中でも、最も多いのが『頚椎捻挫型』という症状です。

この症状は首の凝りや張り、違和感など局部的な症状が特徴的で、靭帯が損傷して捻挫を起こした状態になることもあります。

手足のしびれやだるさ

手足のしびれ

交通事故による強い衝撃によって、手足にしびれやだるさを感じることがあります。
この症状は非常ストレスを感じるケースが多い症状でもあり、例えば寝返りを打つのを不快に感じたり、歯磨きをするのにも一苦労したりと、日常生活を送るうえで様々なことに影響します。
更に、症状が悪化した場合には、めまいや吐き気を感じるケースもあります。

むち打ちの症状の一つに『神経根型』と呼ばれる症状があります。
この症状はしびれや脱力感などの症状が生じ、くしゃみをしたり首を回したりすることで神経を刺激してしまい、更に症状が悪化するケースもあります。

また、この症状は検査を受けることで、問題の部位を発見することが可能です。

耳鳴りやめまい

耳鳴りめまい

交通事故によって生じた耳鳴りやめまいは、様々な原因が考えられます。
中には交通事故の精神的ストレスによって引き起こるケースもあります。

めまいを引き起こす原因の一つに『バレ・リュ-症候群型』というむち打ち症があります。
この症状は、神経が緊張することによって起こる動脈萎縮が原因だと言われています。

中でも交換神経が正常に機能しなくなると、うつ病やパニック症等の原因ともなるので、少しでも症状があらわれたら早期改善が必要です。

腰の痛み

腰の痛み

むち打ち症が原因の痛みの約半数は腰痛だと言われています。

むち打ち症による腰痛については、不明な部分が多いというのが実情です。
当然、交通事故による強い衝撃で腰痛を発症することはありますが、そのような要因が見当たらない場合でも、数日~数週間に急に腰痛が感じられるようになるといったケースもあるからです。

むち打ち症による腰痛の主な原因としては『急性的椎間関節捻挫』が挙げられます。
外部から強い衝撃によって、ギックリ腰と同様の症状があらわれます。

その他の症状

その他の症状

交通事故による症状は上記以外でも、全身におよび、それぞれ症状が異なります。
事故直後は問題ない場合でも、後々症状があらわれることも決して珍しいことではありません。

症状改善のために、まずはしっかりと原因を追及しなければなりません。
レントゲン検査をして問題がないからといって安心していてはいけません。
交通事故に関しては、レントゲン検査で写らない隠れた部分が、最も損傷を受けているケースが非常に多いのです。

その点、整骨院では丁寧にじっくりとカウンセリングを行い、様々な視点から症状の原因を探ります。
レントゲン検査で問題が見つからなかった場合でも、一度は整骨院で診療を受けることをお勧めします。

アクセス


大きな地図で見る〒536-0001
大阪府大阪市城東区古市3-14-5
最寄駅:今里筋線 新森古市駅
徒歩2分
駐車場:近隣コインパーキング

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ